« 医療の事 | トップページ | ネットワークの話 »

実用性

プログラミング言語の実用性を考えた場合システムコールへのインタフェースがないと話にならないのだが,300以上もあるLinuxシステムコールのインタフェースをfridgeの中に全部組み込むのははっきり言って嫌だ.なぜならめんどうだから.
fridge/shellではwaitとかsleepとかbashで使えるシステムコールははじめから全部使えるのでしばらくはそれで代用願いたい.言語そのものの構造がもう少し安定したらライブラリの充実にも目を向けようと思っている.

------------------------------------

世の中2.0ブームである.web2.0がなんなのかはよくわからないのだが,とにかく流行っているのはわかる.たぶんそれはトカゲとサンショウウオのシルエットだけ見てもどっちがどっちだかよくわからないような感覚である.自分で言ってても何を言っているかよくわからない.

というわけでそろそろ実績づくりのためにもfridgeでなんか軽いwebツールでもつくろうかと思っているんだが,何をつくろうか.CGIをC言語で作ってしまうような僕ではあまり想像力が働かない.

« 医療の事 | トップページ | ネットワークの話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163977/3941904

この記事へのトラックバック一覧です: 実用性:

« 医療の事 | トップページ | ネットワークの話 »