« 日常生活 | トップページ | 同期/息切れ »

Profiling python with fridge

pythonの実行ファイルからデバッガをつかってすべての関数名を抽出するスクリプト.

      1 #!/usr/bin/fridge
      2
      3 #calling a process
      4 call "gdb -silent ./python" fd
      5
      6 #getting functions
      7 talk fd "info functions\n" outbuf
      8 rslice outbuf "[^ \t\n*]+[(]" "g" functions
      9
     10 #displaying functions
     11 for i in functions.size : echo --functions[i] ...
     12
     13 #close a process
     14 write fd "q\n"
     15 close fd
     16 return 0
     17

このプログラム自体はあんまり意味ないけど,プロセス間通信のテストとして動かしてみる.
バッファの動作がいまいち不安定.同期がうまくいってないもよう.

« 日常生活 | トップページ | 同期/息切れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163977/3798659

この記事へのトラックバック一覧です: Profiling python with fridge:

« 日常生活 | トップページ | 同期/息切れ »