« ヒーローの不在 | トップページ | ダメ効果 »

PRしない宣伝

NHKに取り上げられた 女子大生のブログ炎上

いち個人blogを書く人が企業からお金をもらって商品をレビューし,そのことがNHKで放送されたらブログが大きく炎上したというお話.

ここで問題になるのは,お金をもらっていたことが放送までユーザーに知られなかったため,個人として信用されていた中の人がヤラセとして受け止められてしまったことにある.
ブログを書いてアフィリエイトなんかをやっているひとなら結構思い当たることも多いのではないだろうか.

商品に対しての第三者の評価と当事者およびその関係者の評価では,同じ言葉でもユーザーにとっては時には真逆の意味になる場合もある.

企業側がへたくそなPRをすると,何か穴があった場合悪評ばかりが有名になってかえって逆効果になることもめずらしくない(最近のソフトバンクとかね).特にWEB上ではそれが顕著にあらわれる.

そこで第三者を使って口コミで宣伝することが重要になるのだが,そうそう都合のいいことを有名なブロガーが書いてくれるはずもない.だから対価として原稿料を支払い書いてもらう.

しかしこれは大きな矛盾で,原稿料を受け取った時点でブロガーは第三者ではなく企業関係者になってしまい,本末転倒になる.それを隠そうとすれば文字どおりサクラ/ヤラセであり,それを見たユーザが「フェアじゃない」と言うのは当然の事だ.

おもしろいことに,じつはブログを書いた人間にしてみればサクラではなく"本当に思った通りの評価を書いた"場合もあるということだ.しかしどういうつもりであってもそれが文章で伝わらなければユーザは"ヤラセ"と"本当の評価"を区別することはできない.極論を言えば,炎上するのはユーザに自分の意図を伝えきれなかったブロガーの文章力に問題があっただけなのである.

いまどきのブログの"じょうずなかきかた"には以下の鉄則がある

1.出る杭は徹底的に叩く
2.ときどきほめる
3.するどい突っ込みに備えてgoogleなどを使い徹底的に準備
4.小物はスルー

基本は太古の日本より親しまれているアメとムチである.ただし叩くときはホトケ心を出さず徹底的に叩かなければならない.またほめる時もあくまで論理的に述べ,なるべく叩きながらほめなければならない.

ブログを通して上手にお金を受け取ってる人は例外なくこれがうまい.基本的にPRするべき商品を叩きながら売るから(これがほんとの叩き売り?)なぜかリアリティがあり興味をそそられる.もちろん"ヤラセ"と思われないようにどこかに必ずお金を受け取っていることを明記する.

この方法の利点は,基本的に自分は叩く側なのでどこかのブログを炎上させることはあっても,自分のところはよっぽどアホなことをしない限り火の粉が飛ばない点にある.

あんまり褒められた方法ではないが,ブログで一山当てようという人は覚えておくといいかもしれない.

« ヒーローの不在 | トップページ | ダメ効果 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163977/4124696

この記事へのトラックバック一覧です: PRしない宣伝:

» NHK「見てんのわかってんだよ。さっさと払えコラ!」受信料 [悪いブログニュース。]
NHKもいい番組を作ってくれれば、気持ちよく払うんですがね。ワンセグでケータイでも見てるでしょう?って、徴収されそうだな^^; [続きを読む]

» 大学生の性交体験率:調査結果 [いくらがんばっても彼ったら(笑]
新入生と4年生では、かなりの差がありそうです^^;しかし、30年前からすると、とんでもない上昇ですね。 対象の女子大生は、何年でしょうか? [続きを読む]

» 出る杭 [堀田信弘のリーダー養成塾 HottaWorld::「活・喝・勝」]
先日、友人から次のような素晴らしい言葉を頂いた。20代は 出る杭になる。30代は 出る杭を伸ばす。40代は 出る杭に出会う。50代は 出る杭を愛す。なにか、これまでの私の生き方を肯定してくれた気がしてとても嬉しくなった。... [続きを読む]

« ヒーローの不在 | トップページ | ダメ効果 »